歴史を紐解く

発掘情報館発掘情報館だより

今年から「ミニチュアレプリカ作り」が増えました。
平成30年度「大人のための冬の古代体験教室」の受講受付を開始しました。
 平成30年12月から平成31年3月までの火曜日と木曜日に、 「大人のための冬の古代体験教室」を行います。

 メニューは「トンボ玉作り」、「銅鏡レプリカ作り」、 「アンギン編み」、「ミニチュアレプリカ作り」の4種類で、 古代から伝わる方法で、素敵なアクセサリー・本格的な鏡のレプリカ・編み物を作ります。

 新メニューの「ミニチュアレプリカ作り」は 合成樹脂製の鋳型を使って 銅鏡1枚(直径5.5㎝)、 銅鐸1個(高さ7㎝)、 富本銭6枚(6枚の枝銭の状態で長さ11㎝) をセットとして、1日で製作します。

 体験時間は午前10時から午後3時まで。 少人数の教室ですから、ご自分の作品作りに集中できます。 当事業団の職員が指導にあたりますので、初めての方も安心です。

 古代体験教室の内容、開講日、定員数、材料費、申込み方法(電話・電子メール・窓口で直接)等の 詳しいことは、別紙のちらしに記載してあります。

 この機会に是非発掘情報館にお出かけください。

 なお、ご家族、ご友人と一緒の参加も可能ですが、 各講座は定員となり次第、受付は締切りますので、 グループで参加される方はお早めに申し込んでください。


「冬の古代体験」チラシ
平成30年度「冬の古代体験教室」チラシ(PDF)

前ページへ戻るページトップへ戻る